top of page

受難の時代を生きねばならない子供たち



こんにちは。

今日は、少しだけ怖い未来の話を書きます。

流行の陰謀論やスピリチュアルではないです。

私たちは、そういうものには目もくれません。

私たちが徹頭徹尾思考し、ロジカルに辿り着いた未来です。

ここでは、その道程について詳しくは触れません、そういう場ではないからです。


ごく簡単に言いますと、

日本という国は

今生まれたばかりの子供たち、

ローティーンの子たちが20,30歳になる前には、

今の形を留めていません

今何とか国内で雇用されてる者たちに求められている能力では、

20,30年後、「<世界で>確実に必要とされなくなる」からです。

はっきり言えば、日本は想像できないくらいに落ちぶれます。

2000年初頭、某首相の元グローバリズムで切り売りした結果、

経済がボロボロになった日本。

で、現在、外交の最後の切り札が終わりを迎えつつあります。

詳述は省きます。

令和の開始の祝典、

コロナ禍も合ったという言い訳も成り立つかもしれませんが、

国賓は平成時とはずいぶん見劣りする結果となりました。

これが、現在の日本の国際競争力の現実です。


さて、そんな受難の時とも言える時代を、

どのように乗り切らねばならないか。

どういう力が必要なのか。

そういう、前向きなお話をしたいと思います。

受難の時をSurviveするための戦略、いざ!


今までの、暗記式教育は無意味です。

今までの、長い物に巻かれろ戦略も無意味です。

では、どうすればいいのか。


最も必要なのは、柔軟さです。

自分がその場に不適切であれば、「逃げる瞬発力」

気の合った仲間が見つかれば、「どこまでも仲間を活かすためにやり切る意思」

行き詰まった時に、誰かの解決を待たずに「路を拓く発想力」

そういったことが必要です。

現行の教育システムで、それが叶うでしょうか。


私たちは、それを実現するための組織です。

お問い合わせ、お待ちしております。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page