top of page

動画より読書が重要である理由


さて、今日はあまり多くの人が話してなさそうな、

動画よりも読書がなぜ大切かということについてお話ししますね。


動画コンテンツ。

今は数学も理科もYoutubeで学べるすごい時代になりました。

しかし、動画コンテンツには大きな落とし穴があります。

落とし穴 = 抽象化の思考が育たない


です。


さて、アメリカなどでは、文章が読めない人が結構ザラにいます。

話せる、動画コンテンツで聞くことがある程度できる (語彙の範囲で)

だけど、文章を書けない、読めない人って結構いるのです。

これは、オンラインゲームを外国人とする中で知りました。

ちょっと長い英語だと反応しなくなっちゃう人が一定数います。


日本でも、識字率は高いですが、読解力や認知力のレベルで文章を理解しているかというと、7人に1人が文章をあるべき姿で受け取ることができないという研究もあるくらいです。


私たちは、認知能力、さらに進めて非認知能力に特化した教育を行います。


ですので、動画コンテンツよりは文章理解、もっと言えば、

文章理解からの認知能力を前提として考えているのです。


動画に溢れてるのに、読書を進めるなんて、老害!

そう思われますか?

文章で受け取った情報を抽象化する能力、

それは「あたかもそれを想像して目の前にあるかのように考える能力」

を養うのが読書なのです。

動画コンテンツは、映像ありきのためそのチャンスを奪ってしまうのです。

もちろん、使いようではあるのですが、そのような側面が動画にはあり、

読書で得ることのできる力を気づかない形で奪っている

ということをお伝えしたいです。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page